色白はモテる!女性らしい白は女性にとって理想の肌色

ディセンシアサエルトライアルセット敏感肌美白

昔からのことわざで、「色白は七難隠す」ということわざがあります。
このことわざを聞いたことがある人は多いと思いますが、具体的な内容をご存知 の方は意外と少ないのではないでしょうか。

簡単に言えば、色白だと欠点が隠せるということなのですが、七難とはもともと仏教用語で「七種類の災難」という意味だそうです。 「災難」と言われるのは辛辣ですが…






1. 顔立ち
もって生まれた顔の不細工な部分も色白で隠すことができる。
これは、色白のほうが人目にとまるという意味だそうです。

2. 性格
たとえ性格がきつい人であっても、色白だと純粋なイメージを与える。

3. 日常生活
実際の生活態度や習慣がどうであれ、色白は清潔感を感じさせるため、綺麗好きで清らかな生活習慣を送っているようなイメージを与える。

4. 老いる
老化する中でも人目につきやすい肌。シミやシワ、肌色のくすみ。
色白であれば、顔全体のイメージが明るい印象になり、結果として若いイメージになる。

5. 運
肌が白く生まれることも強運の一つであると考えられることから、運がつよいイメージ。

6. 色気
実際にどうなのかは別として、肌が白く滑らかな女性は、お肌のお手入れも念入りで背繊細なイメージを与える。これが色気に繋がる。

7. 品
褐色の肌は活動的で活発なイメージを与えるが、色白はそれだけで品良いイメージを与える。


七難について調べながら「なるほど~、確かに!」と一人ごとを言ってました。

初対面で肌がキレイな女性に会った時、確かにイメージしています。
・繊細な女性らしい人だろうな~
・家とか部屋をキレイにしてそう…
・いつ見ても若々しくて輝いてる…
男性が色白だと「弱そう」なんて思われがちですが、女性の色白は「女性らしい」印象を与えます。 つまり、無意識の中で男性は色黒で活動的。女性は色白で清潔感溢れている。 こんなイメージを持っているのかもしれません。

褐色の肌の女性は、明るく元気で活発なイメージを与えますが、男性から見た時に「女性らしい」というよりは「自立した女性」に映ることが多いようです。

そう考えると、肌の色だけで人の印象って大きく変わるのですね。



「白色」は良いイメージがたくさんある!

ディセンシアサエルトライアルセット敏感肌美白

肌だけでなく、白って「純粋」「清潔」「上品」というイメージがあります。
だからウェディングドレスも純白だし、白いハトは縁起がよい鳥とされています。
ハンカチやタオルも白を持っているだけで清潔感を感じます。
私たちが身につける服や小物。 身につける色が人の印象を変えるように、肌そのものの色はその人の印象を決めるのかもしれません。

「そうは言っても色黒で生まれたし…」
「若い頃散々日に焼けてしまったし…」

なんておっしゃる方も多いはず。

そんな美白に憧れる方のために、近年では美白のための化粧品やスキンケアが多数発売されています。

美白は毎日のお手入れによって手に入れることが出来る時代なのです。



美白スキンケアの注意点

敏感肌の方にとって、美白専用のスキンケアを使用することをためらう方もいらっしゃるでしょう。 普通のスキンケアでもトラブルを起こしがちなのに、美白専用と言えばもっと刺激があるのでは? と恐れて当然です。

確かに市販されている美白専用のスキンケアには、刺激が強いものもあります。 しかし、敏感肌人口の増加が続いている現代、敏感肌についての研究も進んでいます。

本当の意味で敏感肌のことを考え、研究し、肌に刺激ではなく美容液を浸透させ、健康な肌を取り戻しながら美白に導く… これまで「そんなの夢でしょ?」と思われていたスキンケアが発売されています。

敏感肌だからこそ、直接肌につけるスキンケアや化粧品はしっかりと吟味して選びたいですね。



敏感肌におススメの化粧品

思春期の頃から「敏感肌」で悩まされてきた私が一押しの化粧品、それが「サエル」です。サエルはポーラ・オルビスグループから誕生したディセンシアという敏感肌専門のブランドの一つ。
なんでも、敏感肌を研究し尽くして作られた化粧品だとか。

そのサエルを、敏感肌の私が実際に使用して、レビューしてみました。 敏感肌に悩んでいる人は、是非私のレビューを参考にして試してみてくださいね。


サエルトライアルセットのレビューはこちら



矢印アイコン紫外線の怖さ


Copyright (C) 2014 サエル口コミ.jp All Rights Reserved.